はじめまして。
今回ノートを書こうと思ったのは、
どうしょうもなくて
苦しんでいる子供たちが、
少しでも
社会に役立てる人に近づくための
手助けになりたいと思ったからです。



しかし私もまだまだ偉そうなことは、全くいえる立場じゃありません。
これから書くことは、
テストが0点で、ふつうより20キロ以上太っているような、なんのとりえもない子供向けのアドバイスです。


私は小さい頃、帰ってきてはお菓子を貪りつつマンガを読み、汚れなど気にしない現実逃避ばかりした子でした。

周囲の目は冷たく、いい思い出は少ないかったです。

しかし生きてこれたのは、数人の人が優しくしてくれたからです。
そして、いつかすごい人になってびっくりさせたいと、漠然とした夢をもっていました。
その頃、検定をはじめました。
8級でしたが、受かったことがとても誇らしく自信がつきました。

友人はいました。ひとりはとても優しい子で、いつも励ましてくれました。今も友達です。もうひとりはーいつも愚痴ばかりで人の不幸を大喜びする子だったので、別の学校へ行き別れました。

中学に入っても、びっくりさせたいという願いがあったので、猛勉強して75点くらいまで追い付きました。
当時の私は、これでもすごく嬉しかったです。

吹き出物などもクリームで治しました。
カロリーもふつうにしたら、前より10キロ痩せました。

しかし高校に入って、人にたいしてはびっくり言わせたいと言う気持ちしか持ってなかったので、うまくいきませんでした。
それがショックで、ジムで運動をして、
身だしなみに気をつけてさらに10キロ痩せました。
その頃ボランティアに入りました。
優しくしてくれて、
初めて自分は、自分の姿を、認めることが出来、素直になることが出来ました。
人にたいして優しくすることも出来ました。
友人も4人出来ました。彼氏もたぶんできていたはずです。(相当浮気された)
人は見た目だと思っていた時は、
自分もそう見られていると思い込んで、
老いるのがとても恐怖でした。
高校の勉強は、簡単な参考書みつけて、
違いを書きまくりました。
英検、漢検準2、
センターは平均点くらいでした。

まだまだ中の下の人間だけど、だんだん成長していきたいです。

役にたてたでしょうか。
まだ、どうしょうもないなんて
悲観しないでください。