ずっと更新してなかったにも関わらず、その間も当サイトを訪れて下さってた皆さん、ありがとうございます。

そんな中、「死亡 冨樫」という物凄いキーワードで来てくださった方、当サイトが死亡中でスミマセン。

・・・まぁホラ、やっぱりこれだけ休載が続くとそろそろ心配しちゃう人もいるワケなんでしょうかね。ホント大丈夫なんじゃろか。(人の事いえないけど)


という事でお久しぶりのジャンプ感想前半戦をリハビリ風味で。


▽銀魂

ベンベンベベンベン♪

武勇便♪武勇便♪武勇ベンベンベベンベン♪

ってなワケで今回は大の大人が4人揃ってトイレで紙談義。

お妙さんへの思いを貫いたゴリさん、最後のブシュッってのも何となくカッコいいと思っちゃったのは気のせい・・・なんだろうなぁ、きっと。


関係無いけど、念のためと思って「武勇便」を検索してみると先客が・・・。ショック!(色んな意味で)


▽ONE PIECE

ちびナミもイカス!

分身ナミの「ちっこいの」「太いの」「タタタッ」と走っていくさまはコミカルで笑えるッ!

このまま「ちっこいルフィ」「ちっこいナミ」「ちびロビン」のままパーティ組んでくれないかなー。あ、サンジはツルツルのままでヒトツ。


で、凶暴化したチョッパー、ウソ・・・そげキングに看破されるの巻き。

「知らねぇがチョッパーだろ!
あの帽子とツノで他に誰がいるってんだよっ!!」

ええーッ!?チョッパーの識別要素は帽子とツノだけ?

「あの帽子とツノ」ならブルーノ辺りが変装しててもバレないという事に?

とまぁ、そんなチョッパーはフランキーに任せておいて「ゾロ・そげキング・ナミ」vs「カク・ジャブラ」がスタート。

ここはやっぱり「ゾロvsカク」のマジメバトル、「そげ&ナミvsジャブラ」のコミカルバトルの展開?

ゾロはズバッと勝つのは分かってるから、ここはそげ&ナミコンビのトリッキーな戦いに期待。

・・・ゾロに振り回されるのからは開放されたけど、ナミにもいいように使われそうだなぁ、そげキング。避雷針とかになりそう。


▽BLEACH

できること

「決戦に向けてできることは必ずあるはずだ
一緒に探そう・・・井上」

その「できること」が、扉絵で見せた「お手手繋いで二人で裸」なんですカー!?

ラストでは「ハッチ先生・・・戦いたいです・・・」と一護と共に戦う事を誓った織姫。

「黒崎くんの『背中を見ずに』戦えるように・・・」と織姫は思い、「一護に再び『背中を任せてもらえる』ように」とチャドは修行。

「乱菊さんの『背中を流せるように』・・・」と啓吾も能力開花・・・とかしないだろうなぁ、きっと。

でも破面編スタートの頃は啓吾も潜在能力ありそうな感じだったのになぁ。そういやたつきの伏線とかもどーなってるんだろうなぁ・・・。


▽アイシールド21

見せろ!『モンキーフライ(仮名)』

ドラゴンフライに対抗するために、モン太が思いついた「逆転の手」とはいったいッ!?

ムサシいわく「21点差」はもはや致命的だと言う事だけど・・・


1)モン太と瀧兄がクルクル回転を始めるとォーッ!?

「我々完璧(にバカ)超人が回転すると地球の自転をも逆転させる事ができるのだーッ!地球大逆転ーッ!」

時計がなぜか逆回り、あっという間に18点差の頃に逆戻り。アリエナイィィィーッ!


2)試合に負けて勝負に勝つ作戦。

「来いよ!オレから点を取れるのは本庄さんだけだからな!」(本庄さん死んでません)

モン太が阿含&一休を挑発、神龍寺を失格にさせる作戦。
哀れモン太は人身御供になって再起不能。

「本庄さん、疲れたろう。なんだかとっても眠いんだ・・・」

モン太も本庄さんの待つお空の星へ。(本庄さん死んでません)


3)わいは猿や!

「わいは猿や!雷門太郎や!」

とモン太が叫ぶと、プロゴルファー猿のOPのように突如吹き荒れる嵐と雷。(違ってたっけ)

雨ぐらいじゃあ中止にならないらしいけど、雷だったら中止になるらしいアメフトの試合。

雷のため、試合中止で再試合をすることに。

そうか!「雷門」太郎ってのはこのための伏線だったのか!

ちなみにモン太はこの時、落雷にあって再起不能。

「本庄さん、疲れたろう。なんだかとっても眠いんだ・・・」

モン太も本庄さんの待つお空の星へ。(本庄さん死んでません)